インプラント

HOME > 診療科目 > インプラント

1.インプラント治療で
より自然に近い感覚に!

歯を補う治療法として、インプラント治療があります。日本で年間35万本程使用されていて、近年注目され始めている治療法でもあります。周りにある健康な歯への影響も少なく、残りの歯を守ることとしても有名です。

当院は「十分な診断に基づき、患者さんに合わせた治療」を目指しています。

入れ歯やブリッジでこんなお悩みを抱えてないでしょうか??

  • 食事がしにくい
  • 取り外しが大変
  • 匂いがきつい
  • 器具が長持ちしない
  • 違和感を感じる
 

当院では、患者さんの気持ちに寄り添い、最大限お悩みを解決したいと考えています。患者さんに一番合った治療法を導き立ち出し、改善へと励んでいきます!! 当院では、患者さんの負担を考慮し、治療プランを提供していきます!

2.インプラントとは??

インプラントとは、歯が抜けた箇所に歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯を被せる治療法のことです。
インプラントは、骨に馴染み、しっかりと固定されるため、健康な歯のように噛むことができます。
インプラントはチタンを使用しており、身体に安全かつ安心な素材です。また、チタンは歯に関わらず、人工関節など様々な分野で使用されていることから、信用性の高さは世界的に立証されております。

治療法

歯が抜けてしまった場合、両隣りの歯を削り土台にする「ブリッジ」、「総入れ歯」や金具で固定する「部分入れ歯」などの治療法を行う場合があります。このような治療法は土台となる歯に負担がかかる、噛み合わせに違和感があるなどの症例が出てくる可能性があります。
しかし、インプラントでは骨にしっかりと固定するため、より自分の歯に近い感覚を演出できます。
従来に近い食事や会話を演出できるだけでなく、見た目がいいこともインプラントのメリットの一つと言えます。

インプラント治療なら・・・
健全な歯を削りたくない。

歯が一本抜けた場合、両隣りの健全な歯を削ってブリッジにします。

 
両隣りの健全な歯を削りません。

歯の抜けた所へインプラントを埋入し、自然な歯の形を作ります。

入れ歯に違和感を感じる。

入れ歯を不快に感じたり、入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。

 
歯の抜けた所へインプラントを埋入します。

金具付きの入れ歯ではないので、自分の歯のようにかむことができます。

入れ歯が動く。

かみづらかったり、発音・発生に不便を感じたりする場合があります。

 
入れ歯をしっかり固定します。

数本のインプラントを埋入し、そこに入れ歯を固定するため、よくかめます。


Before
 

After

治療の流れ

インプラント治療は図のように4つのステップで行われます。 まず、担当の歯科医師と治療方法等をよく相談して下さい。 埋入手術の処置時間は約30分~120分です。 その後、約3~6ケ月間、インプラントが周囲の骨となじむまで、定期的に検診を行います。 そして、周囲の骨にしっかり固定されたのち、人工の歯をかぶせます。

STEP-1

診断と治療計画

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。

STEP-2

インプラント手術

歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。

STEP-3

人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

STEP-4

完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一回は定期検診を受けてください。

3.インプラントについて、
よくあるご質問

治療期間はどのぐらいですか??
一般的には4~12ヶ月程度です。治療期間中は仮の歯を入れますので、生活には支障はありません。炎症等の恐れもありますので、治療後もメインテナンスをお勧めしています。
痛みはありますか??
痛みの感じ方には個人差がありますが、手術後の痛みのほとんどない患者さまが大半です。
手術は大変ですか??
多少の振動を感じる以外は、一般的に抜歯程度の手術と考えて頂けたらと思います。ただし埋入には歯科医師による精密な技術が要求されます。
保険で治療できますか??
保険適用外の治療になります。
味覚・食事した時の感触は変わらないのでしょうか??
患者さんによって異なりますが、入れ歯やブリッジからインプラントに変えた患者さんは、「以前より咬みやすく、食べ物がおいしく感じるようになった」という意見を多く頂いています。
顎の骨が少ないと治療は出来ないのですか??
当院で行っている「患者さん自身の骨の移植」や「人工の骨を補填して骨を増やす骨造成」を行うことが出来る患者さまであればインプラントを埋入することが可能です。
PAGE TOP